一般的な社章のデザイン

社章・ピンバッジ・校章情報|社章SHOP > 社章デザイン > 一般的な社章のデザイン

 

先日、社章のデザインについて考えるでご紹介させていただきましたとおり一般的なサイズ、形をご紹介させていただきました。それではどのような感じで社章が出来上がるのかを弊社のロゴでご紹介させていただきます。

 

元々はこんなロゴですが。。

東京工芸舎ロゴ全体

通常、ロゴ下部の社名、文字等は省くことが多い。

東京工芸舎ロゴ部分

 

その理由としては、

 

  • 社章が小さい為、文字は目に入らない
  • ロゴの面積を多く取ることでロゴマークの印象を強くする。
  • 小さい文字は社章で表現することが難しい。

 

社章のメッキ仕上げの場合はロゴの強調する部分を艶で表現しそれ以外の部分を艶消しで表現します。

出来上がりはこんな感じです。

社章の出来上がり

 

綺麗に仕上がって会社のイメージもよく出ていると思います。

ロゴの形やデザインによってはこの限りではありませんが、こんな感じで仕上がってきます。

 

関連記事

 

関連記事のご紹介

カテゴリー: 社章デザイン タグ: , , , , パーマリンク