なければならない縁を取ってみました(トギエポ仕上げ)

トップページ > オプション仕様など > なければならない縁を取ってみました(トギエポ仕上げ)

 

社章の色入れの仕上げにおいて基本的な条件がございます。色と色との間に地金を入れないといけない事や色止めの縁を作らなければならないこと、これは七宝仕上げやラッカー仕上げ、そしてトギエポ仕上げなどに共通した条件となりますが今回は珍しい縁なしの仕上げをご紹介させていただきます(弊社の社章の仕上げ一覧・価格のページ

 

トギエポ仕上げのみこの加工が可能です。

 

 上記画像をご覧いただくとわかるとおり本来無いと作成が困難な縁が3面(左・上・下)ありませんこれは色入れをしたあとに上記の赤い部分を削り落として取ってしまうとこのようになります。非常に珍しい仕上げで大変手間のかかる作業になります。正直10個や20個の作成でしたらできますが100個、数百個のご注文になるとお受け出来るかどうかわかりませんし職人の手作業になりますので個々に形が変わる可能性もございます。それでも他に無い仕上がりのこちらのお客様は満足されておりました。

 

縁を落とせる条件・仕上げ等・・・

この他にもその社章の形によって条件が出てくるかもしれませんが上記がクリアできれば縁を落とせる可能性はございますし縁が落とせるとデザイン的にも本来のロゴに近付く可能性がありますので良いかもしれません。

こちらの加工は通常の社章価格に別途工賃がかかりますのでご希望のお客様は社章・バッジのご注文時にご相談ください。

 

関連ページ

 

関連記事のご紹介

カテゴリー: オプション仕様など タグ: , パーマリンク