同じ銀でも仕上がり方、雰囲気が変わります。

銀色の社章見本

弊社の得意とする仕上げの中に銀色に仕上げる方法がございます。これは社章の仕上げのなかも最も多くそして長い間で人気の仕上げです。これはシンプルで高級感を出しそしてシンプルならではの飽きることのない仕上げだからですがこの銀色のしあげにも仕上がりイメージの違う仕上げがございます。今回はその銀色の仕上げの違いをご紹介させていただきます。

艶ありと艶消し、そしてその中間の表現

通常の銀色仕上げはロゴマークを凸で表現しピカピカに磨きあげ凹ませた箇所を艶消しに陰影を出します。(トップ画像左)この仕上げは一番目立たせたいロゴ部分を強調することで社章本来の目的を果たしますがこの仕上げでは少し光りすぎるというお客様もいらっしゃいます。そこでおすすめなのがソフトニッケル仕上げです。これは本来目立たせたい箇所はそのまま凸で表現し凹部分も細かいキズを付け艶消し処理(ホーニング)を施しますが最後にコーティングするメッキを艶消しで銀色のメッキを施します。その仕上がりは非常に落ち着いてり通常の銀色仕上げにくらべかなり落ち着きがございます。(トップ画像中央)しかしこれでは艶消しすぎるというお客様にはサテーナ仕上げがございます。(トップ画像右)表面に付けるメッキはトップ画像左と同じですがサテーナ仕上げは凸部分にヘアーラインといって細かいキズを付けます。ステンレスの材料を使った表札や名盤などに近い仕上がりで多少艶がありつつその艶を目立たせない仕上がりになっております。選び方はその会社のイメージに合わせた雰囲気でお選びいただければよいと思いますが、仕上げ個々に独特な雰囲気がありますのでお好みでお選びください。

関連記事のご紹介

カテゴリー: オプション仕様など タグ: パーマリンク