イブシ仕上げでタイタックの針が曲がってしまう理由

社章の裏付属ではタイタック式(男女共用)が一番多くご利用いただいております。その理由はやはりどんな衣服でも着用が可能な為好まれておりますがこのタイタック式は針が社章本体から垂直に立っている裏付属になりますので強い力を加えると曲がってしまうことがございます。その針自体の強度も仕上げによって異なり通常のメッキで仕上げる方法に比べイブシ仕上げでの針の強度が多少落ちます。使用上の問題はないのですが曲がりやすい特性がございますので今回はイブシ仕上げによるタイタック針の強度についてご説明させていただきます。

メッキの強度とその特性

通常、銀色が使われる仕上げ「トギエポ仕上げ」「七宝仕上げ」「メッキ仕上げ」はニッケルメッキやロジウムメッキが施されております。この表面加工は材料の上にコーティングするイメージですがイブシ仕上げは銀メッキを施します。ご存知の方もいらっしゃると思いますが銀は非常のやわらかい素材な為、爪で強くこするとキズが付くほどやわらかい素材です。そんなやわらかい素材を表面にコーティングしその後イブシてくすませますので仕上がりが非常にやわらかい仕上がりになってしまいます。(→仕上げの特徴のページはこちら

イブシ仕上げによるタイタック針の強度を上げるには・・・

弊社で取り扱っているタイタック針の太さは0.9mmですがこの太さでイブシ仕上げの社章を作成すると非常にやわらかく仕上がりますのでお勧めなのがミニタイタックです。ミニタイタックの針はタイタックの0.9mmに比べ1.0mmと0.1mm太くなっておりますので多少なりとも強度が上がります。また長さも短くなりますので同じ付加が掛かっても短い針が曲がりにくくなりますので非常にお勧めです。こちらの記事でご紹介させていただいておりますサイズや規格は一般的ではありますが弊社独自の規格でもありますので他社様と比べる場合は確認されたほうがよいかもしれません。(弊社の裏付属一覧はこちら

関連記事のご紹介

カテゴリー: 仕上げの特徴 タグ: パーマリンク