社章仕上げの種類にごとの表現の違い。金、銀のコントラスト

仕上げ種類画像1
弊社で作成させていただいている社章の種類は豊富にございますが中でも弊社の「階級分け」のページでご紹介させていただいている一つのデザインで仕上げを数種類作り役職や階級のランク分けができる仕上げが人気です。単純にいくつもの仕上げを作成するだけではなくその階級に合わせた仕上げをご提案させていただいております。

仕上げを変えるだけで雰囲気が変わります。

社章の仕上げ一覧にあるように仕上げだけでも数十種類がございます。一つのデザインでこれらの仕上げを使い分け作成することによって高級感であったり雰囲気の違いなど表現が変わってきます。その表現の違いを使い弊社では階級分けをご提案させていただいております。同じデザインで同じ仕上げで統一されるのが基本ですが仕上げを変えることによって一目で役職がわかるようにすると社員数の多い会社様では特に有効的です。

金と銀のコントラストだけでも印象が違います。

金ベース表面が銀の画像社章の金仕上げの画像金さし仕上げ1
弊社でご紹介させていただいている金指し仕上げは銀ベースの社章の表面を金にする特殊な仕上げですがこの仕上げを逆にした仕上げもございます。金ベースの本体の表面を銀色にする仕上げです。金指し仕上げは落ち着いたシルバーベースにロゴを強調した仕上がりですが金ベースにすると高級感や豪華さが増しその中でもロゴを強調できる仕上げになっております。もちろんお好みで判断されるのがよいと思いますがこの仕上がり方の違いで会社のイメージをアピールするのもよいかもしれません。(弊社のメッキ仕上げ一覧はこちら

関連記事のご紹介

カテゴリー: 仕上げの特徴 パーマリンク