裏付属の種類

社章・ピンバッジ・校章情報|社章SHOP > 裏付属について > 裏付属の種類

 

社章の作成時に大切な仕様が裏付属の決定です。使用する方の性別や管理の利便性、デザイン製でお選びいただけます。

 

社章の裏付属の種類

  • タイタック
  • ネジ式
  • 管ピン
  • スカーフピン

 

上記が主流の裏付属となりますが、その中でも主流なのがタイタックです。この裏付属は男女兼用でお使いいただけるといったメリットがあり男女分けることなく管理が楽になります。

また、ネジ式は主に男性専用となっており、スーツの襟元に穴がありますのでそこに取り付けます。女性の衣服にはその専用の穴がないため取り付けるには衣服に穴を開けなくてはならないといったデメリットもあります。タイタックに比べ厚さが薄く邪魔にならないといったメリットもございます。

管ピンは最近ではほとんど使われなくなってきましたが裏付属のなかで一番暑さが薄く邪魔になりません。しかし、取り付けや取り外しに多少困難な部分がありますのでタイタックやネジをお勧めいたします。

スカーフピンタイプはデザイン重視で主に女性が着ける裏付属になります。とてもオシャレで女性が多い会社様で人気です。

 

関連ページ

社章SHOP|関連ページ

関連記事のご紹介

カテゴリー: 裏付属について タグ: , , , パーマリンク