表彰の記念品として使う社章

トップページ > 表彰の記念品として > 表彰の記念品として使う社章

 

社章とはその会社の身分証明的な意味があるアイテムですが最近ではそのほかの用途で使われるケースも増えてきました。そこで今回は社内での表彰制度に使うケースを題材にご紹介させていただきます。

 

デザインはそのままで仕上げやカラーで使い分ける。

社章は本来一度デザインを決定したらあまり変更するものではございません。昔からの仕上げで七宝製や色指定が可能なトギエポ製などでイメージカラーを使ってデザインされたものはその会社の印象を強くお客様に伝えることができるからです。その社章のデザインを変えずに表彰の記念品として使う方法がございます。その方法は、単純にイメージカラーを抜いて金属の銀色や金色のみで表現しもちろん銅よりも銀、銀よりも金といった社章バッジのランク付けの表現を使ったしあげで作成することによって簡単に表彰用の社章、バッジが作成できます。単純に色を抜くだけでしたら型代(初期費用)も発生することなく手軽にできますので是非一度お試しください。(弊社で扱っている表彰楯やトロフィー、メダルなどの記念品もお勧めです)

 

社章・バッジだけではなくケースでの付加価値も付けられます。

 

通常の社章は付けることにいみがありますので納品させていただく際のケースは透明のプラケースやコストが低い折箱が主流ですが営業表彰などに使われるバッジでは高級なビロードケースや桐箱といったものが使われることが目立ちます。そしてそのケースにオリジナルの印刷も表彰としての付加価値を高める手段の一つと思われます。またバッジの裏側に表彰の文字を加えることによってさらにもらわれた方の印象も違ってくることでしょう!

 

関連ページ

関連記事のご紹介

カテゴリー: 表彰の記念品として タグ: パーマリンク