社章・ピンバッジ・バッヂ・校章の作成販売デザイン専門店。社章やバッジ作成のプロが丁寧にアドバイスさせていただきますのでどんなことでもご相談ください。

社章の裏付属

  • HOME »
  • 社章の裏付属

社章の裏付属一覧

社章の裏付属をご紹介いたします。定番の裏付属はタイタックですが男女で裏付属を分けたい場合や女性用のデザイン性の高い 裏付属もございます。また、コスト重視の裏付属もございますのでお気軽にお問合せください。

タイタック


【 男女仕様 】 男女共通

【 特徴1 】 定番な裏附属です

【 特徴2 】 男女共通で管理がしやすい

【 特徴3 】 標準料金です

ネジ

【 男女仕様 】 男性専用

【 特徴1 】 スーツの衿穴に取り付ける専用裏附属

【 特徴2 】 女性はつけられません

【 特徴3 】 標準料金です

ミニタイタック

【 男女仕様 】 男女共通

【 特徴1 】 タイタックよりも薄型です

【 特徴2 】 男女共通で管理がしやすい

【 特徴3 】 標準料金です

蝶タック

【 男女仕様 】 男女共通

【 特徴1 】 ピンバッジに付ける裏附属

【 特徴2 】 単価がお安くなる場合があります

袋ネジ

【 男女仕様 】 男性専用

【 特徴1 】 ネジ足が出ないので衣類にキズが付きません

【 特徴2 】 通常のネジと交換できます

【 特徴3 】 別途料金です

スカーフピン

【 男女仕様 】 女性専用

【 特徴1 】 オシャレな裏附属です

【 特徴2 】 社章が引っかかる可能性はあります

【 特徴3 】 別途料金です

車ピン

【 男女仕様 】 男女共通

【 特徴1 】 取れにくくつけやすい

【 特徴2 】 衣類の裏側に出っ張りがありません

【 特徴3 】 別途料金です

ピン

【 男女仕様 】 男女共通

【 特徴1 】 ピンバッジなどにオススメです

【 特徴2 】 多少取り付けが困難です

【 特徴3 】 標準料金です

社章についてのよくある質問と答え

裏付属の種類はどのくらいありますか?
社章の裏付属は数種類取り揃えております。詳しくは社章の裏付属のページをご確認ください。 ご不明な点は弊社担当へお問合せください
裏付属を男女で分けたいのですができますか?
はい。可能です。
ご注文数のなかで裏付属を変えても問題はございません。裏付属の種類によってはお見積価格が変更になる可能性がございます。
厚みが薄いタイタックはありますか?
はい。ございます。
タイタックのなかでもミニタイタックという裏付属がございますのでご注文時にご指定ください。
スーツに傷がつかない裏付属はありますか?
ネジをご注文いただいた場合通常のネジではなくネジ脚がスーツに当たらないようにカバーしているネジがございます。 通常のネジよりも多少お値段が変わってきますのでご了承ください。
詳しくは社章の裏付属のページをご参照ください

裏付属に関する記事のご紹介

  • 社章・バッジを装着後、回転してしまう問題を防止する方法

    社章・バッジを装着後、回転してしまう問題を防止する方法

    社章にはネジやタイタックなどの裏付属が付いていると思います。一番多い裏付属はタイタックですが、この裏付属の人気の理由が簡単に脱着できる、男女共通で使用できることが理由になりますがこのタイタックの社章をつけている場合、形にもよりますがつけているうちに回転してしまうケースがございます。たまにチェックすれば良いのですができれば回転しないようにしたいとお客様からお問合せをいただく場合があるので本日はいくつかの方法をご紹介させていただきます。 裏付属タイタックの形状、特徴とは。 タイタックは社章の裏から垂直に針が立っております。単に針が立っているだけではなく針の根本に4ヶ所の爪があります。本来はこれが回転止めの役割をしますが形状や付け方が悪くこの爪が刺さっておらず機能せずで回転してしまうのだと思います。 形状の変更は難しい為、まずはしっかり差し込んでつけていただく事を再確認してください。この確認をしっかりする事で回転を防止することができると思います。 関連ページ:社章の裏付属 回転してしまう形状と回転しにくい形状 社章が回転してしまう形状とは、横長の形状、そして左右非対称の形状、社章上部に重さがある形状が回転しやすい形状と思います。 横長形状は回転の影響を受けやすく歩いた時の振動、人とすれ違った時の影響などが考えられます。 左右非対称はやはり重たい側が下がる傾向にある為、材料に余裕があれば裏付属の取り付け位置を重たい側へ移動させバランスをとったところに取り付けるなどの対策をします。 また、上部に重さがある場合は少し傾くと重さの影響で回転しやすくなりますのでこの形状も注意が必要です。 それでは回転しにくい形状とはどんな形状か? 上記の反対の形状になりますが、左右対称、サイズがコンパクト、正円型、正方形などの形状、そして上部ではなく下部に重量がある形状がよろしいかと思います。 回転を防止する方法とは 出来上がってしまった社章で回転しにくくする方法はやはり裏付属をしっかり奥まで差し込んでいただくことが重要になってきますが もしこれから新しく社章の作成を考えていらっしゃるのであれば回転防止の策として下記を参考にしていただければと思います。 左右対称 丸や四角でコンパクトな形状(横長長方形などはNG) 下部に重量がある形状にする(上部が円形で下部が四角など) タイタックの針を中心ではなく若干上につける ネジにする 管ピンにする 車ピンにする 完全に回転しないようにするにはタイタック以外の裏付属でご検討いただくのが良いと思いますがタイタックでお考えでしたら社章デザインされる段階で弊社もしくは注文される業者様にご相談いただくのがよろしいかと思います。 ミニタイタックも同様ですが・・・ ミニタイタックもタイタックと同様ですが、ミニタイタックは針が短い為、厚い衣服(生地)につけると裏側のキャッチが抑える力が弱くなる為、回転しやすくなります。裏付属自体がタイタックよりも薄い為人気はありますが一長一短というところでしょうか? 薄い衣服(生地)でしたら問題はありませんが、厚い衣服(生地)でしたらやはり定番のタイタックがおすすめになります。

  • 社章の裏付属に蝶タック(バタフライタック)はお勧めできない理由

    社章の裏付属に蝶タック(バタフライタック)はお勧めできない理由

    社章をご注文いただく際に重要となってくる裏付属。その中でもコスト重視や他業者が進める中国製の影響で社章に蝶タック(バタフライタック)をご指定いただきますが弊社ではおすすめいたしません。なぜお勧めしないのか?その理由をご説明させていただきます。

  • 社章の七宝仕上げで色についての解説です

    社章の七宝仕上げで色についての解説です

    社章は職人の手で一つ一つ丁寧に作られます。型の彫刻から始まり生地のプレス加工、色入れ加工、仕上げ、メッキなど。 様々な工程がございますがその中でも重要な色入れ工程、その色入れ加工の中に伝統工芸技法で七宝焼きがございます。

  • 校章やクラス章を作成するにあたって

    校章やクラス章を作成するにあたって

    年度末を迎えるこの季節は業種的に非常に忙しい時期になっております。新年度から使われる徽章全般のご注文が殺到するからですが会社様の社章に加え学校の校章、クラス章もご注文の時期にもなっております。


PAGETOP
Copyright © 社章SHOP・株式会社東京工芸舎 All Rights Reserved.