社章・ピンバッジ・バッヂ・校章の作成販売デザイン専門店。社章やバッジ作成のプロが丁寧にアドバイスさせていただきますのでどんなことでもご相談ください。
社章辞典

裏付属について

裏付属を変えオシャレに、そして使いやすく

社章をご注文いただく際に気になるのが衣服への取り付け方ですがこれは色々な裏付属からお選びいただけます。一番多く使われているものはやはりタイタックですがこれは男女共通でどんな衣服にもつけられるというメリットから選ばれていると思います。

さまざまな裏付属で作る社章

女性用の裏付属(留め具)を考える

社章の裏側には必ず衣服に留めるための留め具(裏付属)が付いているが数種類ある留め具はその形状によって女性用と男性用、もしくは男女共通として分かれている。一般的にはタイタックという留め具が多くこれは男女共通でどんな衣服にも取り付けが可能です。

社章の女性用留め具の画像

社章を管理するための通し番号の刻印

社章はその会社の証明ともなるため非常に重要なアイテムです。仮に紛失した社章を社外の人間が着けて営業に行くことも考えられますし、また在庫の管理も重要です。その為、社章を作る際に管理する意味で裏に通し番号を刻印し管理する方法がございます。

社章の裏番号の刻印画像

タイタックや蝶タックの規格

裏付属の中にはタイタック、蝶タック、ミニタイタックと針の種類の中でも色々ございます。しかしながら同じ針のタイプでも規格が違います。

社章の裏付属-女性用のスカーフピン-

社章の裏付属には色々な種類がありますが女性用として一般的なのがタイタック製です。このタイタックは女性用というよりも男女兼用で裏付属の中でも最も多く使われている裏付属になります。

裏付属の種類

社章の作成時に大切な仕様が裏付属の決定です。使用する方の性別や管理の利便性、デザイン製でお選びいただけます。

裏付属を付けるスペースの確保が必要です

社章をデザインする際に注意する点が表のデザインと社章の外形ですが、忘れがちなのが裏付属を付けるスペースです。社章をデザインする時はデザイン重視になってしまいますのでお客様からいただいたデザインで社章が作成できないということも。


PAGETOP
Copyright © 社章SHOP・株式会社東京工芸舎 All Rights Reserved.