社章やバッジのデザインを変え表彰の記念品として使う

トップページ > 表彰の記念品として > 社章やバッジのデザインを変え表彰の記念品として使う

社章やバッジで営業成績や階級を表彰することは以前にも「星型のバッジの数を増やして評価にする」や「表彰の記念品として使う社章」でご紹介させていただきましたが今回はデザインや仕上げを変えて記念品にする方法をご紹介させていただきます。

 

社章やバッジのデザインを変える

上部画像を見ていただくとバッジデザインの中央に王冠が2個ございます。これは前回王冠1個でのデザインで作成させていただき第二弾としてのご注文を承りました。細かい表彰の規定はお聞きしておりませんが表彰や認定の一貫として使われていることだと思われます。このような感じでデザインを変え表彰のアイテムとして使われるのも社員様ノモチベーションを上げる方法としてはかなり効果的かと思います。(弊社の表彰楯(盾)一覧はこちら

 仕上げを変えてさらに階級やランク別を作る。

第一段、第二段としてデザインを変えるのも一つの方法ですがもう一つ階級分けの方法として使われるのが仕上げを変える方法です。(社章の階級分けのページはこちら) 今回の仕上げは金仕上げ、銀仕上げ、そしてイブシ仕上げの3種類です。この3種類は階級分けの方法としてはもっとも多く第三者から見てもバッジのランクが一目でわかる分け方になっております。仕上げの分け方で他には金指し仕上げ銅ブロンズ仕上げもございますのでお好みによって使い分けてください。

関連ページ

 

関連記事のご紹介

カテゴリー: 表彰の記念品として タグ: , , , パーマリンク