女性用の裏付属(留め具)を考える

社章の女性用留め具の画像

社章の裏側には必ず衣服に留めるための留め具(裏付属)が付いているが数種類ある留め具はその形状によって女性用と男性用、もしくは男女共通として分かれている。一般的にはタイタックという留め具が多くこれは男女共通でどんな衣服にも取り付けが可能です。そんな裏付属ですが今回は女性用に的を絞ってご説明させていただきたいと思います。

 

男性専用よりも女性専用の留め具はバリエーションが豊富

男性専用はネジと決まっておりスーツの襟元に社章を付ける切れ目に付ける専用留め具となっております。その為Yシャツやスーツ以外の衣服には取り付けることが不可能です。しかし男性用に比べ女性用の留め具は細い針で取り付けるタイプが多くどんな生地でも取り付けることが可能です。下記に女性用の留め具を記載いたします。(→裏付属の種類についての記事はこちら

  • タイタック
  • スカーフピン
  • 管ピン
  • 安全ピンタイプ

やはり一番多くつかわれているのがタイタックですがこのタイタックにはショートタイプのミニタイタックがあり厚みが少ない分違和感無く着けることが出来ますがこの短い針を作る職人がいなくなってきている為今後無くなるかもしれません。そしてスカーフピンですがこれはデザイン性を重視した女性専用の裏付属で鎖が付いたタイプと付いていないタイプがございます。

そして昔から定番なのが管ピンです。これはどんな衣服にも取り付けることが出来ることは確かですが衣服に取り付けしにくいというデメリットもございます。管ピンをさらに取り付けしやすくしたのが安全ピンタイプですがこれは裏付属自体のサイズが大きく小ぶりな社章には付けるのが困難というデメリットがあります。

 

関連記事のご紹介

カテゴリー: 裏付属について タグ: パーマリンク